自分で挑戦!中古車の補修と手直し

中古車も塗料が非常に良くなっているからです。塗料の耐久性そのモノが大変長くなっているからと言えます。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

自分で挑戦!中古車の補修と手直し

塗料を塗り直す必要のある中古車は非常に減りました。

PAGETITLE
昔の中古車はルーフやボンネットが剥げ上がった車が結構ありました。塗料の品質が悪かったからです。最近は新車時に塗られる塗料が非常に良くなり、10年ぐらいで剥げてくることはまず無いと言えます。10年以内に剥げるのは、保管状態がかなり悪い車だけです。事故などで再塗装を行っても、塗装が剥げてくることは希な状態と言えます。新車は完全な焼き付け塗装が行われますが、事故などの修理の場合は、低温焼き付けがやっとだからです。塗装村モノが非常に良くなったお陰で、事故などで塗装工場に入っても、かなりきれいに治りますし、耐久性も結構優れるようになりました。意外と高級な塗料が使われるようになったからです。また、塗装店では、塗料だけで無く、塗装を行うガンも、良い物が置かれています。

もちろん、塗装を行う作業員の腕も良くなければ満足なと塗装はできません。そもそも色あわせがなかなか出来ないからです。この調合が結構大変で、入りたての作業員には無理な作業と言えます。ベテランになると、試し塗りをそれほど行わなくてもある程度の線まではすぐにいろあわせを行います。最終的には焼き上がった状態まで考えた調合が行われ、何処を塗ったのかが分からない状態にまで仕上げてしまいます。この技に、高級な塗料が合体すると、長期間剥げることの無いボディが仕上がるのです。もちろん、鈑金処理が完璧であることは言うまでもありません。塗装と鈑金とは一つのチームと言えるからです。

ピックアップ

Copyright (C)2017自分で挑戦!中古車の補修と手直し.All rights reserved.